1. このページをSNSで投稿する:
  2. Twitter
  3. Facebook
vol.58

東京都立多摩桜の丘学園とボッチャ

多摩市聖ヶ丘にある東京都立多摩桜の丘学園では、来年に延期された東京2020パラリンピックの正式競技「ボッチャ」の魅力を発信し、地域の新たな取り組みとして注目されているのをご存知だろうか。
今回は同学園の高等部主幹教諭、高橋幹基さんにお話しを聞いた。

ボッチャとの出会い

同学園は都立特別支援学校として昭和60年に開校(当時の校名は「東京都立多摩養護学校」)、平成20年に現在の名称に変更された。現在、肢体不自由と知的障害の2つの教育部門に小学部から高等部まで、約370名が在学している。

11年前に同学園に赴任した高橋さんが指導している「肢体不自由教育部門」の体育授業でボッチャを授業に取り入れだしたのは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックが決まる前のおよそ8年前のこと。教員の研修でボッチャを体験したのがはじまりだった。

「自分たちの学校の授業でもすぐに取り入れることが出来そうだなと思いました」と高橋さんは当時を振り返る。その後、授業に取り入れると生徒たちもすぐにその魅力にハマっていったそうだ。

ヨーロッパ発祥の「ボッチャ」は、もともと重度脳性麻痺者や同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツだが、近年は年齢・障害の有無に問わず、誰でも楽しめるユニバーサルスポーツとして人気だ。

ルールは、はじめに目標となるジャックボール(白い球)を投げ、赤と青のボールを交互に6個ずつ投げ、終わった時点でジャックボールに近いチームに得点が入る。投げる順番や投げ方によってゲーム展開が複雑になる戦略的な競技だ。

高橋さんは「最初は気軽にはじめていた生徒たちも、公式の競技ルールに沿ってみると、その難しさが徐々に分かってきました。『こうなった場合、どうしたらいいのだろうか』など、子どもたち自身で考えることにつながりましたし、さらに技術を高めないといけないなという気持ちにつながりました」と話す。

現在、同学園の「肢体不自由教育部門」にはパラスポーツ部があり、陸上競技部、ハンドサッカー部に次いで、ボッチャ部も新設された。

ボッチャについて専門的な知識がない中で、パラリンピックの競技映像を見たり、パンフレットに載っている選手のフォームを見たりしながら、調べていく中で技術を吸収。少しずつレベルアップしていったという。

ボッチャ交流会から地域のスポーツに

そんな中、平成29年に同学園の生徒たちと蓮光寺、聖ヶ丘地区の地域住民の皆さんが「ボッチャ交流会」を開催。参加者からも好評を得て、一昨年からは毎年秋に開催される「連光寺・聖ヶ丘地区青少協スポーツ大会」の正式種目として採用された。

また、昨年7月には同学園のボッチャ部が、東京都障害者スポーツ大会に初出場し、準優勝という好成績を残した。さらに昨年10月には、同学園で「ボッチャ2020TAMAカップ プレ大会」が開催され、市内から29チーム、約300名が参加し、大いに盛り上がったという。

表彰式では高等部の生徒たちが作った手作りのメダルが授与された。石膏で作った手作りのメダルだが、同学園のオリジナルキャラクター「さくらちゃん」があしらわれたそのメダルに最後の表彰式では、手にとってみなさん喜んでいたそうだ。

「それまでは地域の皆さんと、スポーツを一緒に出来るということは想像できませんでした。ボッチャは年齢関係なく、誰でも楽しめる競技。地域の方と一緒にできるのは、本当に素晴らしいことです」と高橋さんは嬉しそうに話した。

来年のパラリンピック開催を信じて…

本来なら東京2020オリンピック・パラリンピックが今年開催される予定だったが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、来年に延期された。

当初は、今年6月に「ボッチャ2020TAMAカップ本大会」が開催され、オリンピック・パラリンピックの開催時には、多摩市が企画するイベントに、同学園の生徒による焼き菓子店の出店も企画されていたそうだ。

しかし、同学園も今年3月から断続的に休校となり、6月下旬からようやく一斉登校が再開したものの、今年予定していたスポーツ大会や、学校行事は全て中止となった。

肢体不自由教育部門の部活動としては、まだ活動再開のめどは立っていないものの、体育の授業ではボッチャをはじめとするオリンピック・パラリンピックの競技に、児童・生徒たちも意欲的に取り組んでいるという。

高橋さんは「まずは『新しい生活様式』として、児童・生徒が安全に授業を受けられるように、衛生的な環境を維持、管理するための対応をしています。オリンピック・パラリンピックの延期については、残念な思いでいっぱいですが、現在の状況を考えると、安全に開催できることを信じて、今できることをひとつひとつ積み上げていきたいです」と、来年の東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に期待を寄せた。

東京都立多摩桜の丘学園の「ボッチャ」は、単にスポーツ競技としてだけではなく、生徒と地域の人々をつなぐ、新たな「コミュニティ・スポーツ」として、今後も拡がりを見せることだろう。

学校名
東京都立多摩桜の丘学園
住所
東京都多摩市聖ヶ丘1-17-1
URL
http://www.tama-sh.metro.tokyo.jp/
高橋 幹基

東京都立多摩桜の丘学園 肢体不自由教育部門 高等部 主幹教諭


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

東京都立多摩桜の丘学園とボッチャ 

多摩市聖ヶ丘にある東京都立多摩桜の丘学園では、来年に延期された東京2020パラリンピックの正式競技「ボッチャ」の魅力を発信し、地域の新たな取り組みとして注目されているのをご存知だろうか。今回は同学園の高等部主幹教諭、高橋幹基さんにお話しを聞いた。
...read more

リカーMORISAWA 

多摩市の東寺方に江戸時代末期から続く「森沢商店」その昔、「國見世」という屋号で様々な商品を販売し、戦時中は国からの配給所としての役割もあった同店は、現在「リカーMORISAWA」として、店舗での販売とともにインターネット上で世界中のワインを届ける店の草分け的な存在として、多くのワイン愛好家の支持を得ている。
...read more

メガネ食堂BAR(スタジオメガネ) 

多摩ニュータウンの落合団地商店街にある設計事務所の一部をつかった「メガネ食堂BAR」。今回は同店を手掛ける設計事務所「スタジオメガネ」代表の横溝惇さんにお話しを伺った。
...read more

ケトルドラム 

聖蹟桜ヶ丘の駅前の聖蹟Uロードから1本入った路地で37年続く喫茶店「ケトルドラム」の店主、祖母井春子さんとご主人の洋さんにお話しを伺った。
...read more

たまロケーションサービス 

多摩市のフィルムコミッション「たまロケーションサービス」代表の柴田 孝司さんと副代表の鳥居 俊平太さんにお話を伺った。
...read more

KAOFES 

今年で6回目となる「KAOFES(カオフェス)」の実行委員長を務める石山弘明さんにお話しを伺った。
...read more

apricot(アプリコット) 

南野の恵泉女学院大学の正門前にある人気のコッペパン専門店「apricot(アプリコット)」さんにお話しを伺った。
...read more

ベジフルキッチン トレーノ・ノッテ 

多摩センターにあるレストラン「べジフルキッチン トレーノ・ノッテ」を経営する㈱サニーワークスさんにお話しをお伺いした。
...read more

Kitchen SUNNY HEART 

京王•小田急多摩センター駅から徒歩10分のところにあるkitchenSUNNYHEART
...read more

未知カフェ ~TAMA REVIVAL~ 

多摩市の若者世代による新たなまちづくりの拠点「未知カフェ ~TAMA REVIVAL~」が2月23日にオープンした。
...read more

多摩市発のユニークなオリジナル文房具&雑貨「geodesign(ジオデザイン)」 

ユニークなオリジナル文房具や雑貨を生み出している(株)ジオさんにお話をお伺いした。
...read more

コワーキングCoCoプレイス 

「子どものそばで仕事がしたい」そんな思いを実現できる場所が多摩市にある。
...read more

サテライトオフィス「KEIO BIZ PLAZA」 

「働き方改革」が叫ばれている昨今、京王プラザホテル多摩2階にサテライトオフィス「KEIO BIZ PLAZA」がオープンした。
...read more

MUJI × UR団地リノベーションプロジェクト 

団地の新しい住み方「MUJI × UR 団地リノベーションプロジェクト」のご担当者にお話を聞きました。
...read more

ハロウィン in 多摩センター 

多摩センターの秋の風物詩「ハロウィン in 多摩センター2018」が今年も開催される。
...read more

Patisserie Boulangerie toi toi toi 

聖蹟桜ヶ丘駅を出て徒歩3分ほどの場所にあるPatisserie Boulangerie toi toi toi。
...read more

永山フェスティバル 

21回目を迎える「永山フェスティバル」が2018年9月22日(土)と23日(日)の2日間で開催される。
...read more

恵泉女学園大学 

多摩センター駅前からスクールバスで約7分。そこには、自然と静かに対話できる空間が広がっている。
...read more

多摩市若者会議 

多摩市では「多摩市若者会議」を昨年度より開催している。
...read more

桜ヶ丘ゴルフ練習場 

桜ヶ丘カントリークラブの隣にゴルフ練習場があるのをご存知だろうか。
...read more

せいせき桜まつり 

37回目を数える聖蹟桜ヶ丘の春の風物詩「せいせき桜まつり」が去る4月8日に開催された。
...read more

多摩市出身のJリーガー・東京ヴェルディ 田村直也選手 

多摩市をホームタウンとするサッカーJリーグクラブ「東京ヴェルディ」には多摩市出身の選手が活躍している。
...read more

杖道とアート 

400年以上前から続く、杖道(じょうどう)という武道があるのをご存知だろうか。
...read more

多摩センターイルミネーションのもみの木 

パルテノン大通りには高さ12mのクリスマスツリーが設置され、多くの人々を魅了している。
...read more

京王プラザホテル多摩 

今年創業27年を迎えた多摩センター駅前の京王プラザホテル多摩には
...read more

聖蹟サンタマラソン 

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル 

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE 

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会 

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売 

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂 

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園 

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ 

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん 

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery 

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター 

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん 

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン 

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala 

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン) 

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA 

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション 

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん 

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園 

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん 

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん 

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN 

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん 

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー 

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん 

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more