1. このページをSNSで投稿する:
  2. Twitter
  3. Facebook

完全復活の「第24回永山フェスティバル 2023」に行ってきました!

まち歩きレポート No Comments

 

コロナ禍で自粛していたイベントが戻りつつある2023年。地元民に愛されている永フェスこと『永山フェスティバル』も実に4年ぶりに完全復活。昨年2022年は規制があり、規模を縮小しての開催でしたが、今年は小田急永山駅と京王永山駅前にある「ベルブ永山」「グリナード永山」「ヒューマックスパビリオン永山」の3施設をめいっぱい使用しての開催。

今年で24回目の開催、100を超える市民団体がこの日のためにパフォーマンスや出店の準備をしてきました。初日の9月23日(土)は生憎の雨模様だったようですが、私たちが参加した2日目 の24日(日)は天候にも恵まれ、心も身体も大満足の熱い1日となりました。

“永山フェスティバルは、地域住民、市民団体等との交流を通じて地域の活性化、元気な街づくりへ繋げることを目的に、行政・民間・市民が一体となり、開催するイベントです。(公式HPより)”

4つのステージの中でも一番大きな「グリナード広場ステージ」。トップバッターは多摩太鼓愛好会の皆さん。息の合った力強い太鼓のリズムと響きに圧倒されました。オーディエンスの皆さんも身体を揺らしたり手拍子したりと存分に音を楽しんでいました。

その後のパフォーマンスも皆さん思い思いに表現していて、とても楽しく、熱く、観覧しました。

実行委員会の方々が着ていたオレンジ色のTシャツには「永魂」の文字。永山への熱い想いを感じます。

「永山フェスティバルは、他のお祭りより子どもが楽しめるお店や催しが多いので、開催を楽しみにしていました。我が家は昨日も今日も、2日連続で来ています」2人のお子さん連れのお母さんに話を伺いました。ニコニコ笑顔の小学4年生の娘さんに何が一番楽しみか尋ねると、「幼稚園の頃に多摩のアイドル ディゼル(des ailes 26)を見てからずっとファンです。今日のステージも楽しみ!」と教えてくれました。

早速、des ailes 26のステージ目当てで、グリナード永山2階マクドナルド前の「うぇるかむ広場ステージ」へ。

たくさんのファンが集まっており「若いって素晴らしいなあ」と少し遠巻きに見ていました。

しばらくして、聞き覚えのある曲が流れてきました。普段グリナード永山で買い物をしているとよく耳にする馴染みの曲が、彼女たちが歌う「NAGAYMA SONG」だと知り、一気に距離が縮まりました。

 

 

 NAGAYAMA SONG  ※ 歌詞抜粋

 緑に燃える 小高い山並み 輝く光の塔

 トンネル抜ける 電車の窓に 映る夏の風

 にぎわう街のあふれる笑顔

 きらめくそれぞれの Story

 強い想い 勇気を持って 進もう明日へ

 SMILE ! 君と出会えた

 SMILE 楽しい街

 NAGAYAMA トキメキのまち

 NAGAYMA 喜びの街

 熱い想い輝く空に 今、ありがとう

こちらの曲は2017年に永山フェスティバル20周年を記念して、実行委員会が中心となって製作したオリジナルソングなんだとか。この永フェスが長い時間の中で、たくさんの人の手によって育まれ、地元民に愛されてきたことがよくわかります。

 

パフォーマンスの合間には、子どもたちと模擬店巡りも楽しみました。

欲しかった狐のお面を被って偶然会ったお友達と一緒に記念撮影📷

初めて射敵に挑戦する子ども達に周囲の大人たちが「こうやって構えるんだ」「もっと腰を落として」「手がぶれると弾もブレる」と一生懸命アドバイスしてくれ、そのやりとりに心が温まりました。他にも、輪投げやサイコロゲーム、会場全体を使ったスタンプラリーなど、子どもが楽しめるお店や催しがたくさん。

9つのスタンプを全部集めてガラポンに挑戦。

永山のゆるキャラ「永どん」も登場。

たくさん遊び、お腹が空いてきたので食べ物屋台を見て回りました。美味しそうなものがいっぱいで目移り👀

お店を見て回っていると、「リユース食器 貸し出し・返却コーナー」という看板を発見。

こちらは、多摩市消費者団体等連絡会 エコ・フレンドリーのブースでした。

「以前多摩市の小中学校ではメラミン食器を使っていたんですが、2008年度に給食センターの食器を強化磁器に買い替えたんです。使わなくなった古い食器を利活用するため、多摩市と協働してリユース事業を始めました。イベント等でコップ、汁椀やお皿、お盆、 塗箸を無料貸出し、私たちの団体が洗浄・殺菌・貸出準備、食器の在庫管理を行っています。永山フェスティバルでも、希望者に食器を無料貸し出ししています。実践を通して多摩市のリユース食器をPRできたら。」とエコ・フレンドリー代表の平野 紀美子さん。

同じブース内では「みず多摩」がペットボトルの使用を減らすPRも。無料の給水サービスもありがたかったです。

せっかくなので私たちもリユース食器を利用してみることに。借りた食器をお店の人に渡して「これに入れてください」と伝えると、慣れた様子で、出来立てをお皿に盛ってくれました。

持ちづらいプラスチックパックより安定感があり、子どもも食べやすそうでした。食べ終わった後は、そのまま借りたブースに返却。

食後のデザートは、「豆腐工房れすと」の豆乳おからドーナツと、お祭りフードでお馴染みのかき氷、ラムネをいただきました。

お腹が膨れたあとは、しばし暑さを凌ぎに「グリナード永山」屋内へ。2階のワークショップエリアでアーティストさん子さんの「ハッピーブローチ」作りとエコベル (ペットボトルを使った楽器) の演奏会「空から音が降ってきたぁ!」に飛び入り参加させてもらいました。

「楽しい(自律した)大人が増えれば子どもたちは自分の未来に夢と希望を持って進んでいけると思うんです。いろんな方々と繋がりみんなで楽しんでいきたいと思っています。」とエコベル研究会の山澤 ほなみさん。

「まだ帰りたくない」という子ども達をなんとか外に連れ出し歩いていると、出会ってしまいました、バルーンアート。これで最後ね、と約束し、好きなものをオーダー。マニアックなオーダーに「うまくできるかわからないけど、頑張ってみるね」と果敢に挑戦するバルーンアーティストのお兄さん、流石プロ!

子どもに人気の漫画・アニメ「推しの子」の有馬かな。分かりますか?

まだまだ楽しい催しが続く中、うしろ髪引かれながら家路につく夕暮れ。

帰宅後、疲れて夕食作りを怠けてしまいそうでしたが、お土産に買った「多摩焼き」の片口のおかげで上機嫌で夕食作りに勤しみました。

子どもと一緒に作ったハッピーブローチもニコニコ笑っています。

朝から晩まで多摩市永山の魅力を堪能し、コロナ禍を経て「永山フェスティバル」を完全復活させた実行委員会はじめ関係者の皆さんに心から「ありがとう」を伝えたいです。

 

少人数制会員シェアキッチン 『カドキッチン多摩』 に行ってきました

まち歩きレポート No Comments

 

車通りの多い道から外れた住宅街にある小さな曲がり角、ひっそり佇むどこか懐かしい、小さなアパートの角。

 

今回は、多摩市百草にある会員制のシェアキッチン  『カドキッチン多摩』さん に伺いました。

 

元々6畳間だったアパートの一室を改装し、キッチンスペースとカフェ・販売スペースに仕切ってそれぞれレンタルされています。

3畳スペースのキッチンには業務用ガスオーブンや、電子オーブンレンジをはじめ、冷蔵庫、パワーブレンダーやミキサー、スケールやふるい、包丁、泡立て器、軽量カップ、キッチンタイマー等、初心者もプロも満足できるキッチン用具があれこれ。

お菓子の試作品作り、イベントやネットショップ販売のための仕込み、隣接のカフェスペースを利用した1dayカフェ・・・可能性は無限に広がります。利用者はプロの料理講師、飲食店開業を考えているスタートアップの方、主婦、学生等、幅広い。菓子製造許可及び、軽飲食店営業許可を取得しており、爽やかなターコイズブルーの扉を隔てて、カフェスペースがあります。

 

所々にあしらわれた猫モチーフや差し色の青に癒される、隠れ家のような落ち着く空間です。

ここの何よりの魅力は、日によって、利用される方によって変わる、スペース内の空気感。

 

この日のキッチンからは焼き菓子の甘い、いい香り。

 

看板には『こころとからだがよろこぶ 米粉のおやつ 空羽(くう)』の文字。

グルテンフリー、アルミフリー、白砂糖フリー、素材に拘った優しい甘さの手作りおやつ屋さんの出店日でした。米粉で作ったシフォンケーキやパウンドケーキ、台湾カステラなどが人気とのこと。

店主は、月1〜2回のペースでキッチンを利用しているという、市内在住の辻原 久美子さん。

辻原さんは2児のお母さんでもあり、一時期 産後うつ、育児ノイローゼ、摂食障害等に苦しんだこともあるとか・・・

たくさんの学びや出会いを通してようやく暗いトンネルを抜け、長年育んだ ”夢” の実現に向けて一歩を踏み出したそうです。

「慌ただしい日常の中で、ほっとくつろぐ時間のお供になるおやつをお届けできたら」と話す辻原さん。

庭先から靴を脱いで店内に入るスタイルは、

他所のお宅に縁側からお邪魔するようで、懐かしい気持ちになります。

辻原さんを頼りに市内外から初めてここを訪れるお子さん連れの他、ご近所に住む『カドキッチン』の常連さん、オープンに合わせてお客さんがやってきました。

「赤ちゃんが生まれる前に買いにきました。」

嬉しそうに笑うお母さん。

「とっても美味しい!」

焼きたてを試食して飛び跳ねる小さな兄弟。

 

「お団子屋さん、パン屋さん、お菓子屋さん、ここでいろんなお店が開くたびに買いに来てます。今日もカドキッチンさんのInstagramを見て来ました!」

 

みんな幸せをたずさえ帰ってゆきます。

 

 

「この場所は、コロナ禍で社会が経済的にも、人同士の繋がりとしても、閉鎖し困窮していたことから始めたんです。」

『カドキッチン多摩』のオーナー 大友 聡さんにお話を伺いました。

コロナ禍のような人の流れも経済も止まってしまう大変な時であっても、地消地産の小さい経済を生み出すことで、”夢”を持てる社会にしたかったと言います。

 

「夢がある人を応援すると同時に、限られた条件であっても、人と人とがコミュニケーションでき、交流できる場というのを作りたかったんです。」

 

本業の翻訳家をする傍ら、ゲストハウスの運営やシェアキッチンの運営を始めたのが2年前。

『カドキッチン多摩』から始めて、着実にファンと自信、実力をつけ、卒業していった元利用者さんたちのその後を誇らしげに語ってくれた大友さん。

 

「この場所の卒業生が何よりの自慢なんです。」

 

最後に、大友さんの “夢”を尋ねると、

「この場所をもう少しお店っぽくできたらいいですね、軒先にストライプのオーニングを張ったり、あとは電気工事とか 笑」

そんな堅実な計画に加えて、壮大な “夢” もこっそり教えてくれました。

「次は、夢がある学校をつくりたいなあ。」

<カドキッチン多摩のオーナー (左から)大友ひとみさん、大友 聡さん>

 

カドキッチン多摩

【住所】東京都多摩市百草1146−1稲荷塚コーポラス 106号室

【アクセス】京王バス(聖蹟桜ヶ丘駅9番から乗車)落川バス停下車徒歩5分 (多摩センター駅5番から乗車)愛宕東バス停下車徒歩6分

   ※ 駐車場2台分あります

◆ Instagram:https://www.instagram.com/kado.kitchen

◆ 公式HP: https://www.kadokitchen.com/

*キッチン設備・内部の様子 写真提供:カドキッチン多摩