1. このページをSNSで投稿する:
  2. Twitter
  3. Facebook

MUJI × URの見学ツアーに参加してきました!

多摩市・京王電鉄・UR都市機構が企画する「多摩ニュータウン魅力実感イベント」が、11月9日(土)に永山南公園・永山北公園で開催されました。

次世代モビリティの試乗体験や無料カフェコーナー、焚き火コーナー、工作コーナー・・・ほかにも、様々な遊具が設置してありました。

青空のもと思いっきりトランポリンしたり、音がなるタイヤをジャンプで演奏する子どもたち。

楽しそうな声で賑わっていました!!

 

 

そんな中、今回注目したのは「 MUJI  x  UR 」の見学ツアー!!

築年数が50年近くになる団地が、無印良品とUR都市機構によってどのようにリノベーションされたのか気になりませんか?

部屋は人気のためなかなか空室がなく、リノベーションされた部屋を見る機会がなかったため、自由に見学でききる今回の見学ツアーを楽しみにしていました!

多摩市内には「 MUJI × UR 」の部屋が15戸あるそうで、見学した部屋は、京王永山・小田急永山駅から徒歩20分ほどのところにある多摩ニュータウン永山団地のモデルルームの1室でした。

永山南公園から参加者と一緒に歩いてモデルルームへ。

建物の間隔は広々としていて、光や風がよく通り、たくさんの緑もあります。

団地=古いというイメージもありますが、ここは住むための場所として整えられた最適な環境のように感じました。

今回見学した部屋は、5階建ての2階。

この住棟にはエレベーターがありませんでしたが、付いているところもあるそうです。

私は、小学生の頃まで団地住まいでしたので、階段を登りながら懐かしさを感じていました。

部屋に入ると心地のよい空間が広がっており、ドアノブ、鴨居、押し入れなどは元々備えつけられていたものを生かしたつくりで新築にはない温かみのある味わいがありました。

リノベーションされたところは、重さから開放された段ボールふすまや、家具をおいて洋室のように使うこともできる麻畳が用いられている和室、シェルフと組み合わせて使うこともできる小天井などでした。

また、壁付けだったキッチンはオシャレな対面式にリノベーションされ、キッチン下はすきっりとしていて自由に使えるようになっていました。

押し入れはとても広くたっぷりと収納ができそう!

子どもたちにとっては、かくれんぼに最適な場所のようでした。

 

今回訪問した地域は、住宅街なのでとても静かで、窓からは緑が目に入り、子育て世帯からご高齢の方々まで幅広い年代がとっても穏やかに暮らせそうな、素敵な空間でした。

ご興味をお持ちになった方は、UR賃貸住宅をチェックしてみてくださいね!!