1. このページをSNSで投稿する:
  2. Twitter
  3. Facebook

大学生向け広報紙「たまが好き」

大学生向け広報紙 たまが好き

大学生向け広報紙

多摩市が大学生向けの広報誌を発行しました。多摩市の広報紙としては、市政の情報をお知らせする「たま広報」がありますが、今回作成したのはその特別編集版です。普段の「たま広報」とは大きく異なり、大学生(若者)に向けた記事で構成しています。紙面全体のデザインなども、大学生が気軽に手に取って、気楽に読めることを意識したつくりにしました。

この広報紙の作成は、「どんな記事が読みたいか」などの企画の段階から、実際の記事の作成まで、大学生が参加してもらう企画になっています。

誕生のきっかけ

市政世論調査によると、20代は市政を伝える広報紙「たま広報」との接触度が約20%と低く、地域活動や行政との関わりも希薄であると考えられます。ところが、ワークショップを行うと、参加している大学生の深層心理には、「地域での活動を通じ、自分を高めたい」とする意識があることが分かりました。
そこで、多摩市は公共活動を大学生(若者)に知ってもらうための広報活動を、大学生自身に企画・実行してもらうために大学生向けの広報紙を一緒に作ることにしました。

広報紙に込めた想い

この広報誌の企画には、多摩市内に在住・在学している大学生(若者)に、多摩市との絆を結んでもらい、これからも多摩市で暮らしてほしい(もしくは、将来戻ってきてほしい)という想いが込められています。多摩市に関心をもち、共に多摩市の未来を作っていく若者たちに市のことを知ってもらい、愛着をもってもらうきっかけになってくれることを願っています。

記者・編集者まだまだ募集中

一緒にこの広報紙を作ってくれるメンバーをまだまだ募集中です。

参加はコチラからhttp://www.city.tama.lg.jp/0000008375.html
※活動はボランティアです。

発行予定

今年度9月、12月、1月に各2万部を発行予定です。