vol.17

RISTORANTE YAMA

料理を作っている時が一番、幸せを感じる

 多摩センター駅に程近い「青木葉通り」の緩やかな坂道を上がった、閑静な住宅街の中に「RISTORANTE YAMA」がある。通りを挟んだ向かいでは天然記念物のシイの大木が枝を広げ、約200坪ある広大な敷地の片隅では料理用のハーブが育てられている。蔦が絡まる建物の中は、ヨーロッパの邸宅を彷彿とさせるような、異国風の明るい広間になっている。こちらのレストランで提供しているのは手作りのイタリア料理で、その美味しさには定評がある。お店には定番のメニューはなく、その日の食材によって日替わりでメニューを立てているというが、平日の昼は近隣の主婦で賑わい、夜や週末には夫婦や家族連れで賑わっている。その人気店の秘訣を探るべく、オーナーの深澤さんにお話をお聞きした。

料理に目覚めたきっかけは、「美味しいものが食べたい」という思い

 深澤さんが小さなころから「美味しいものが食べたい」という思いが強かったが、母親はそれほど料理に情熱を傾ける方ではなかったという。そのために既に小学生の頃には母親に変わって台所に立ち、家族のために料理を作ったりもしていた。
 「お陰様で料理人になってからは、食べたことのない食材はないというくらい世界中の食材を食べ歩きました」とはいうものの、今でも子どもの頃に好んで食べた、ケチャップ味のナポリタンなどが大好物だという。

イタリア料理の魅力に目覚める

 高校卒業後、「一生、食べるのに困ることはないだろう」という思いから、調理の専門学校に進んだ深澤さんは、19歳の時に「椿山荘」に料理人として入社した。最初の数年間はフランス料理のセクションに所属して、コース料理などについて徹底的に学んだ。「料理人の世界は非常に厳しく、先輩・後輩の上下関係もはっきりしており、時には理不尽な思いもしましたが、ここを乗り切らないと一人前の料理人にはなれないと覚悟していました」という深澤さん自身、部下たちにはかなりきびしく指導した。そのお蔭か、当時の部下たちはほぼ全員が料理長になっているという。
 その後、深澤さんは同系列の「フォーシーズンズホテルズ」に移って、イタリア料理の担当になった。それまで専門にしていたフランス料理とは異なって、「お客様に次々と出来上がった料理を提供する」イタリア料理が自分の性分にすごく合っていると気が付いて「イタリアンは何て素晴らしいのだろう!」と感激したという。

料理長アンドレア・サッキ氏との出逢い

 この「フォーシーズンズホテルズ」でイタリア料理の料理長を務めていたのが、イタリア人のアンドレア・サッキ氏だった。負けず嫌いの上に、努力を厭わない深澤さんはアンドレア氏にその才能を見込まれて、間もなくスーシェフに大抜擢された。しかし、大好きな料理がほとんど作れなくなったことによるジレンマは大きく、丸4年間スーシェフを務めた後に、会社を“早期退職”して独立することを決意した。このアンドレア氏とは職場での繋がりを越えて友好を深め、ホテル在職中も含めて、計7回イタリアへ旅行に行ったという。「イタリア滞在中はアンドレア氏の邸宅に泊めてもらって、彼のおごりでイタリア中の美味しいものを食べさせてもらいましたね」
 6年ほど前には、アンドレア氏がトスカーナのワイナリーで開催した「結婚披露パーティー」にも招かれ、他の50名ほどの招待客と一緒にアンドレア氏お手製のイタリアンに舌鼓を打ちつつ、美味しいワインも飲ませてもらった。

地域の人たちとの繋がりを大切にしたい

 多摩市で出店することを決めたのは、都心よりも、東京郊外での出店が理想だったのと、自分が利用してみて、“京王線”と“小田急線”の印象が特に良かったからだという。「実際に家族で多摩市に暮らすようになって、とても住み心地がいいです。特に緑に溢れていて、公園がたくさんある所が気に入っています」
 11年前に多摩市に引っ越して来た際に、近隣の住民ともすぐに仲良くなって、家族ぐるみのお付き合いをしている。休日には大鍋いっぱいに作ったカレーを近隣に住む友人たちや常連さんに配ったり、新年早々には、お節料理には飽きているだろう近隣の友人たちのために、ホームパーティーを開いて中華料理などでもてなしている。

美味しい料理は食材よりも、料理人の腕が肝心

 「自分はともかく料理をしていれば幸せで、美味しいものを作って人様に喜んでもらえるのが何よりの楽しみです」という深澤さんに、“美味しい料理の秘訣”をお伺いしてみると「食材にはそれほどこだわっていません」という意外な答えが返って来た。「料理人というのは、食材の組み合わせを考えるのが得意で、盛り付けなどの見た目は二の次だと思っています。そして自分はどんな食材でも美味しく作り変える自信があります」実際にキッチンに立っていない時でも、常に頭の中で料理のメニューについて考えているという。また毎日、家族のためにきちんと昼食と夕食を作り、幼稚園へ通う愛娘のために毎朝15分で「キャラ弁当」も作っている。
 そんな深澤さんに「人生の目標」についてお伺いしてみると、「料理には手を抜かないこと、毎日を楽しく過ごすこと」だという。自分の料理人としての腕に誇りを持ちつつも、時には仲のいい近隣の人たちに惜しみなくご自分の料理を提供する深澤さんの生き様に、生粋の料理人としての心構えを見た思いがした。

店名
RISTORANTE YAMA
住所
〒206-0033 東京都多摩市落合4丁目7−3
連絡先
042-339-6676
深澤哲也さん 料理人

深澤さんの休日の過ごし方は、デパートの食品売り場などで、食材を見比べて楽しんでいるという。


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

桜ヶ丘ゴルフ練習場 NEW

桜ヶ丘カントリークラブの隣にゴルフ練習場があるのをご存知だろうか。
...read more

せいせき桜まつり 

37回目を数える聖蹟桜ヶ丘の春の風物詩「せいせき桜まつり」が去る4月8日に開催された。
...read more

多摩市出身のJリーガー・東京ヴェルディ 田村直也選手 

多摩市をホームタウンとするサッカーJリーグクラブ「東京ヴェルディ」には多摩市出身の選手が活躍している。
...read more

杖道とアート 

400年以上前から続く、杖道(じょうどう)という武道があるのをご存知だろうか。
...read more

多摩センターイルミネーションのもみの木 

パルテノン大通りには高さ12mのクリスマスツリーが設置され、多くの人々を魅了している。
...read more

京王プラザホテル多摩 

今年創業27年を迎えた多摩センター駅前の京王プラザホテル多摩には
...read more

聖蹟サンタマラソン 

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル 

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE 

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会 

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売 

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂 

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園 

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ 

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん 

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery 

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター 

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん 

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン 

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala 

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン) 

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA 

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション 

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん 

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園 

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん 

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん 

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN 

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん 

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー 

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん 

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen 

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL 

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ 

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ 

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans 

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ 

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店 

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more