vol.9

ル・ジャルダンブルー

テーマは「一生勉強、一生青春」

小さな頃から職人に憧れていた

 石川県出身の福田さんは小さな頃から身近に“もの作り”をする人が多く、自然と職人への憧れが強くなったという。また幼少の頃から母親が料理やお菓子を作るのを手伝っている内に「将来はコックさんかお菓子やさんになりたい」と願うようになった。
 高校の調理科を卒業した後、大阪にある「エコール 辻」本校に入学をして1年かけて調理やお菓子作り全般について学んだ。「エコール 辻」本校を卒業してからは5~6年の間に東京や神戸にあるフランス菓子店数店を回って修行を積むと共に、フランス菓子について基礎から学んだ。数年ごとにお店を変わったのは、シェフによってお菓子に対する考え方や方向性などが異なる上に、ケーキやチョコレート菓子、パンなどの作り方に違いがあって多様性を学べるからだという。

フランスでの2年半の修行

 30代半ばには渡仏して、フランス菓子の本場で研鑽を積んだ。その際に「給料はいらないので、住み込みで修行をさせてほしい」とお店に頼んで、2年半で3店舗を回った。フランスへ渡った理由は何よりも「世界を代表するパティシェのレベルを知りたかったから」だという。そして自分のお店を出店する前に「フランス菓子の本場を見ておかなければ」という思いもあったという。
 同様に「フランス語を話せずして、フランス菓子については語れない」という思いから、現在も多摩市永山の「カルチャーセンター」でフランス人講師からフランス語を教わると共に、フランス人全般の考え方も学んでいるという。フランスについて学べば学ぶほど「今まで以上に勉強したくなる」と言う福田さんは、子どもの頃には「学校も勉強も嫌いだった」というのだから人生は面白い。

「世界大会」へ出場を果たして

 フランスから帰国した福田さんが次に目指したのはコンテストへの出場だった。2001年の全国大会の決勝戦では“チョコレート”部門で優勝を果たして、同じ様に“アメ細工”部門と“氷細工”部門で優勝した2人とチームを組んでフランスへ渡り、お菓子のワールドカップとも呼ばれる「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」へ出場をして、リーダーとして見事、チームを準優勝に導いた。
 この時のテーマは「アムール」(愛)で、たった一人で約9時間かけて高さ1mにも及ぶハート型のチョコレートのオブジェを製作した。大会当日を振り返って「人生で一番辛くて、長く苦しい一日でした」と語る福田さんは、準優勝が決まった時は喜びよりも疲労感と安堵感の方が大きかったという。

“フォンテンブロー”の森に憧れて

 パリの中心地にある「ガール ド リヨン」駅から電車で30分位行った所に“フォンテンブロー”という山と緑に囲まれたパリ郊外の街がある。福田さんはフランスへ留学していた際にこの街のケーキ屋さんで修行をしていて、お店併設のカフェは地元の人たちの憩いの場となっていたという。
 フランスから戻った福田さんは休日になると、都心や下町を中心に自分のお店の出店場所を求めて歩き回っていた。ある時、知り合いの紹介で訪れた多摩市永山の地に足を運んだ時、トンネルの向こうの緑に囲まれた風景を目にして「ここはまるで“フォンテンブロー”の森の様だ」と感動すると共に、この地にお店を開くことを決意したのだという。
 店名の「ル・ジャルダン・ブルー」は「青い森」という意味で、多摩市の緑豊かな風景のイメージともよく合っているが、実はこの店名を思いついたのはフランスへ留学していた時のことだという。

「一生勉強、一生青春」

 現在、お店では一年を通して、平日には約40種類のケーキを、そして週末には約50種類のケーキを提供している。その内“記念日”をお祝いする為のホールケーキは約20種類で、福田さんは「記念日といえば、自然とうちのお店を思いだしてもらえるようになりたい」という。またケーキの他に焼き菓子も常時、50種類ほど用意している。
 スタッフは現在12名で、そのまとめ役であるオーナーシェフの福田さんは、毎朝4時台には出勤をしてケーキの仕込みに入り、夜の20時か21時くらいまで働き続けている。若いスタッフの中にはフランス帰りのメンバーもいて、逆に彼らから最先端の道具やテクニックなどを教わることも多いという。
 常に時代に追いつこうと努力する福田さんの座右の銘は「一生勉強、一生青春」というものだ。そんな福田さんの目指す未来は「自分のお店を東京ひいては日本を代表するケーキ屋にしたい」というもので、その静かな口調には並々ならぬ決意を感じると共に、この人ならいつか自分の夢を実現させるに違いないと思わせる何かがある。

店名
ル・ジャルダン・ブルー
住所
〒206-0014 多摩市乞田1163
連絡先
042-339-0691
営業時間
10:00 – 20:00
定休日
火曜日
オーナーシェフ 福田雅之

犬が大好きな福田さんは昨年から犬を飼いだした。折りを見て、愛犬を散歩に連れて行くのが何よりの楽しみだという。


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

永山フェスティバル 

21回目を迎える「永山フェスティバル」が2018年9月22日(土)と23日(日)の2日間で開催される。
...read more

恵泉女学園大学 

多摩センター駅前からスクールバスで約7分。そこには、自然と静かに対話できる空間が広がっている。
...read more

多摩市若者会議 

多摩市では「多摩市若者会議」を昨年度より開催している。
...read more

桜ヶ丘ゴルフ練習場 

桜ヶ丘カントリークラブの隣にゴルフ練習場があるのをご存知だろうか。
...read more

せいせき桜まつり 

37回目を数える聖蹟桜ヶ丘の春の風物詩「せいせき桜まつり」が去る4月8日に開催された。
...read more

多摩市出身のJリーガー・東京ヴェルディ 田村直也選手 

多摩市をホームタウンとするサッカーJリーグクラブ「東京ヴェルディ」には多摩市出身の選手が活躍している。
...read more

杖道とアート 

400年以上前から続く、杖道(じょうどう)という武道があるのをご存知だろうか。
...read more

多摩センターイルミネーションのもみの木 

パルテノン大通りには高さ12mのクリスマスツリーが設置され、多くの人々を魅了している。
...read more

京王プラザホテル多摩 

今年創業27年を迎えた多摩センター駅前の京王プラザホテル多摩には
...read more

聖蹟サンタマラソン 

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル 

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE 

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会 

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売 

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂 

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園 

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ 

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん 

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery 

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター 

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん 

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン 

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala 

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン) 

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA 

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション 

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん 

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園 

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん 

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん 

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN 

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん 

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー 

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん 

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen 

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL 

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ 

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ 

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans 

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ 

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店 

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more