vol.15

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり

地域に入ってアートの力でできることを探したい

 「“たまに塾”は基本的におせっかいなグループだと思います。頼まれてもいないのに、アートで何か役に立てることがないかを探しているんですから。でも、そんなグループがもっと増えていくと良いと感じています。」多摩センターエリアを舞台にアートプログラム“たまに塾”を主宰する開発さんはこう語る。“たまに塾”という活動をはじめようと思ったのは、多摩ニュータウンが少子高齢化という問題に直面しているというニュースを見たことがきっかけだという。「少子高齢化は今後の日本を考える上での重要なキーワードだと感じていましたので、実際に地域に入り現地の状況を知りながら、アートの力で何ができるのかを考えてみたいと思いました。」一般的にアートでまちおこしというと、自治体が外部のアーティストを呼ぶケースが多いのだが、“たまに塾”は地域の誰からも必要とされていない状況、つまりはおせっかいというかたちでスタートした。決まったテーマや帰着点があるわけではなく、「○○かもしれない」という想定のもと、アートの力でできることを探すことにしたのだという

コミュニケーションアートが出発点

 開発さんは日常にあるものや出来事、関心などをモチーフとして、「コミュニケーション」をテーマにパフォーマンスやワークショップなどを展開、活躍するアーティストで、これまでも日本各地で地域に入り込んだプロジェクトを行ってきた。外の人間として地域の中に入ってそこに暮らす人たちと一緒に何かをすることで、「日常」が普段は味わうことのない「発見に満ちた時間や空間」になるのだという。多摩センターを舞台にした“たまに塾”の出発点もこの「コミュニケーション」というキーワードにある。

多摩センターエリアは故郷がしっかりと根付いている街

 “たまに塾”では、多摩センターエリアの落合団地の住民の方々との座談会を重ねたり、周辺で街歩きワークショップやミーティングを行ったりと、リサーチ活動を続けてきた。実際に地域に入った開発さんの目に、多摩ニュータウンはどんな街に映ったのだろうか。「住民の皆さんと話をしてみるととても元気で前向きな印象でした。それぞれが地域につながりをつくり地元を愛し、問題があれば自分たちで解決するという意識が高かったように感じます。駅前の景色は一見、人工的で無機質に見える多摩センターですが、少し足を踏み入れると、40年という年月で生まれた故郷がしっかりと根付いている街だと思いました。」開発さんがニュースで聞いて最初に思い描いていたイメージとは全く異なり、良い意味でのズレを感じたという。

人と人のつながりを広げたい

 多摩ニュータウンは団地が多い分、共有スペースが多い特徴がある。“たまに塾”の最近の活動ではこの共有スペース、特に「ベンチ」に着目した「青空会議」を開いているという。設置された時代により異なるデザインの様々なベンチを会議の場所としてみんなで集まり、ベンチの使い方にはじまり地域住民にとっての未来の街についてなど、色々なテーマで、世間話も交えながらゆっくりと語り合っている。この緩やかな会議は長いときでは5時間にも及ぶというから驚きだ。現在の「青空会議」は塾生だけで開いているが、今後はオープンな活動にして、人と人のつながりを広げていきたいと考えているそうだ。活動に参加している塾生の中には地域をよく知る落合団地の住人もいて、「何ができるのか」という視点で自分が住む街を見ることはとても新鮮で、日常では見過ごしがちなものに着目することでたくさんの小さな気づきがあるとのだという。地域の住人としてこのプロジェクトの可能性を実感している一面と言えよう。

この街に必要なのは漢方薬のようなプロジェクト

 どちらかと言えば、外からやって来たアーティストは、ある瞬間や、出会った言葉を作品として作り上げていくことが多いそうだが、開発さんの“たまに塾”は今後もゆっくりと活動していきたいという。「多摩ニュータウンは僕の年齢と重なり、自分事のように感じられる存在なんです。人間が作り出した理想郷であるこの街がこれからどのように変わっていくのかはとても興味深いです。私もそろそろ再生しなくてはいけないかな。」微笑みながらそう語る開発さんは、ご自身と多摩ニュータウンの生い立ちと今後を重ね合わせながら街の観察を楽しんでいるようだ。
 「この街に必要なアートプロジェクトを考えた場合、問題解決型やイベント型の何かを起こすようなプロジェクトではなく、場所や人を知りながら寄り添い、現状を維持するようなプロジェクトが良いのかもしれないと思っています。薬で例えるとしたら、抗生物質ではなく漢方薬のようなプロジェクトです。」コミュニケーションという視点で街をじっくりと観察する開発さんたちの活動はまさに処方箋のひとつとなるのだろう。「僕ができることは、小さな石を水面に投げ込むことくらいです。でも、それをきっかけにして多くの活動の輪がゆっくりと広がってくれたらいいなと思っています。」開発さんたちの出会い探しの活動はまだまだ続きそうだ。

多摩ニュータウンは街と緑のバランスが魅力

 「多摩ニュータウンはとても明るくて緑が豊かなイメージです。それも都心のような半端な緑ではなく本当に豊かな緑。街と緑のバランスがとても良いと感じます。」水野さんはご自身が暮らす東京の下町と比較して、多摩ニュータウンの印象をこう語る。
 水野さんは多摩市近隣の美術大学に通うデザイナーを志す学生で、多摩市が中心となり進めている「多摩ニュータウン再生プロジェクト」のロゴマーク制作を手がけた人物だ。幼少期から絵を描くことやものづくりが大好きだったという水野さん。進学した美術系高校で先生方や友人たちから受けた影響がとても大きく、より深く美術を学び美術に関わる仕事がしたいと自身の将来を決め、当然のごとく美術大学へと進んだそうだ。
 「多摩ニュータウンの魅力である自然と街の調和のイメージを大切にしながら作りました。その上に、人や企業、学校などがひとつになって街が活性化していき、やがて大きな芽が出てくる様子を表現しました。」とロゴマークの特徴を明るい表情で語る水野さんだが、実は、これまで多摩ニュータウンは大学へと通う途中にある街という程度の認識で、あまり身近な存在ではなかったのだという。大学で紹介されたロゴマーク募集の案内がきっかけで多摩ニュータウンと急接近することになったわけだ。

街がもっと魅力を増していくきっかけに

 ロゴマークのテーマが街の“再生”ということで、水野さんも当初は多摩ニュータウンに対して少なからずネガティブなイメージを抱いていた。ところが、制作の過程で多摩ニュータウンという街について詳しく調べたり地域を深く知る人々に実際に話を聞くことで、次第に街としての利便性と緑のバランスや人々の暮らしぶりが魅力であることを実感し、ロゴマーク制作で最も重要なイメージ作りも自然な流れで具体のものとなっていったという。「再生とは最盛期だった頃に戻すという意味ではなく、今ある魅力を活かしながらこれからの時代に合う街をデザインしていくことだと思いました。このロゴマークは、地域に住んでいる人たちにも気軽に使ってほしいですね。そして、多摩ニュータウンがこれからもっともっと魅力を増していくきっかけになったらうれしいです。」偶然とも言えるきっかけから始まった水野さんと多摩ニュータウンの関係だったが、若きデザイナーの卵も今では多摩ニュータウンのこれからに大きな期待を寄せる一人となった。
 「とても元気があり、多摩ニュータウンの魅力と明るい将来イメージが一目で伝わるデザイン」とアーティストの開発さんもロゴマークを評価する。次の“たまに塾”の青空会議ではこのロゴマークがテーマとして登場するかもしれない。
 アートと多摩ニュータウンのつながりから生まれた未来に向かう希望の芽は、地域の中で育まれ、やがて大きな木へと成長していくことだろう。

たまに塾(facebook)
https://www.facebook.com/tamanijyuku
多摩ニュータウン再生プロジェクトロゴマーク(多摩市公式ホームページ)
http://www.city.tama.lg.jp/plan/948/20048/021540.html
開発好明さん

アーティスト・「たまに塾」ディレクター

水野安奈さん

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科


丘のまち物語/INTERVIEW ISSUE

多摩で暮らす人たちに軸を据えて、その暮らしぶりや思いなどを語ってもらいます。

恵泉女学園大学 NEW

多摩センター駅前からスクールバスで約7分。そこには、自然と静かに対話できる空間が広がっている。
...read more

多摩市若者会議 

多摩市では「多摩市若者会議」を昨年度より開催している。
...read more

桜ヶ丘ゴルフ練習場 

桜ヶ丘カントリークラブの隣にゴルフ練習場があるのをご存知だろうか。
...read more

せいせき桜まつり 

37回目を数える聖蹟桜ヶ丘の春の風物詩「せいせき桜まつり」が去る4月8日に開催された。
...read more

多摩市出身のJリーガー・東京ヴェルディ 田村直也選手 

多摩市をホームタウンとするサッカーJリーグクラブ「東京ヴェルディ」には多摩市出身の選手が活躍している。
...read more

杖道とアート 

400年以上前から続く、杖道(じょうどう)という武道があるのをご存知だろうか。
...read more

多摩センターイルミネーションのもみの木 

パルテノン大通りには高さ12mのクリスマスツリーが設置され、多くの人々を魅了している。
...read more

京王プラザホテル多摩 

今年創業27年を迎えた多摩センター駅前の京王プラザホテル多摩には
...read more

聖蹟サンタマラソン 

「聖蹟サンタマラソン」が2017年12月17日(日)に聖蹟桜ヶ丘の一ノ宮公園で開催される。
...read more

せいせきみらいフェスティバル 

今年で3回目となる「せいせきみらいフェスティバル」が2017年9月17日(日)に開催される。
...read more

E’s CAFE 

日本初の障がい者就労で運営するスポーツバー「E's CAFE」がオープンした。
...read more

TAMA映画フォーラム実行委員会 

「映画祭 TAMA CINEMA FORUM」は今年で27年目を迎えた。
...read more

京王ほっとネットワーク移動販売 

多摩ニュータウンのエリアのお買い物をサポートする移動販売車をご存知だろうか?
...read more

J Smile多摩八角堂 

豊ヶ丘にある「J Smile多摩八角堂」が賑わいを見せている。
...read more

新倉農園 

美味しい苺やブルーベリーの味覚狩りと体験農園が楽しめる新倉農園
...read more

ネコサポ 

「ネコサポ」というお買い物や家事の代行サービスをご存知だろうか?
...read more

ウルトラランナー井上真悟さん 

多摩市には常に過去の自分を越えようとする世界的なランナーがいる。
...read more

moi bakery 

天然酵母のハード系パンが人気の豊ヶ丘「moi bakery」
...read more

コンティ多摩センター 

コンティ多摩センターはこれまでの公民館や生涯学習センターとは一線を画した会員制の複合施設だ。
...read more

京王多摩センター駅 武田阿沙美さん 

京王多摩センター駅は今年3月からサンリオとのコラボで駅全体が大きく様変わりした。
...read more

ル・ププラン 

「ル・ププラン」では、素材にこだわったフレッシュなケーキを提供している。
...read more

Pizzeria La.Pala 

「ラ・パーラ」では、地場野菜を使った本格的なナポリピッツァやパスタなどが頂ける。
...read more

諏訪2丁目住宅マンション建替事業(Brillia多摩ニュータウン) 

多摩市諏訪2丁目に、「Brillia多摩ニュータウン」は建っている。
...read more

RISTORANTE YAMA 

閑静な住宅街にある「RISTORANTEYAMA」は、特に宣伝もしないまま、人づてにその評判が広がっている。
...read more

日本アニメーション 

昭和50年(1975)に設営された日本アニメーションは、数々のアニメの名作を生み出してきた。
...read more

「Art×多摩ニュータウン」 開発さん&水野さん 

ふとしたきっかけから始まるアートと街のつながり
...read more

青木農園 

「採れたての旬の野菜の美味しさ」を味わえる「青木農園」は、多摩市内を流れる大栗川沿いのすぐ近くにある。
...read more

永どんサポーターズクラブ 加藤さん 

地元永山の魅力を伝えるサイトから登場した「永どん」の生みの親の加藤さんに、その思いをお聞きした。
...read more

多摩子ども劇場 市川さん 

「多摩子ども劇場」は、子どもの文化活動を通して、豊かな地域を作り上げることを目指している。
...read more

cafe GARDEN 

聖蹟桜ヶ丘の「cafe GARDEN」は、地域活性化を目指している多くの人たちの活動の拠点となっている。
...read more

シーズネットワーク 岡本さん 

子育て中のお母さんたちで始めたサークル活動が地域で大きく花開いて、たくさんの人たちを幸せにしている。
...read more

ル・ジャルダンブルー 

見た目も美しく、美味しさにも定評のあるケーキを求めて、遥か遠方からお越しになるお客様も多い。
...read more

多摩市在住 萩原さん 

萩原さんは結婚後、多摩市を離れたものの「子育てに最適な街」と再認識をして家族と共に多摩市に戻ってきた。
...read more

AWkitchen 

見晴らしのいい丘にあるこちらのレストランでは契約農家から仕入れた野菜たっぷりの前菜とパスタが頂ける。
...read more

AFFIDAMENTO BAGEL 

自家製の天然酵母のベーグルは子連れの主婦や若い男性にも人気があり、一日200個前後が完売している。
...read more

木のおもちゃ チッタ 

「おもちゃコンサルタント」の資格を有する店主が厳選したおもちゃを直接、手に取って遊べるのが嬉しい。
...read more

木のひげ 

31年間、変わらぬ材料と製法で作られてきたシンプルなパンは噛むほどに小麦の香りと甘みを感じられる。
...read more

tak beans 

元アパレル業界勤務の店主が「地元で出店したい」と開いた珈琲屋では焙煎仕立てのコーヒーが味わえる。
...read more

グラン・クリュ 

多摩市を代表する銘菓「純生ロール」を始め、材料を吟味して作られたケーキ類は他では味わえない美味しさだ。
...read more

小山商店 

日本人の食文化に合った日本各地の地酒を取り揃えており、契約している蔵元さんは300軒以上にも上っている。
...read more